ソング・オブ・ラホール

パキスタン伝統音楽×ニューヨーク・ジャズが奇跡の融合?!
世界を虜にしたパキスタンの異色ジャズバンド"サッチャル・ジャズ・アンサンブル"を追う、音楽の興奮と希望に満ちたドキュメンタリー!

2017.08.23 DVD on SALE

No Image
  • NoImage

DVD

PCBE.12066 / ¥3,800(本体)+税

  • POS:4988013375390
  • 収録時間:82分
  • カラー:カラー
  • 面数:片面・二層
  • リージョンコード:2.日本・ヨーロッパ・南アフリカ
  • 映像圧縮方式:MPEG-2
  • 字幕:日本語字幕  
  • 音声:1.オリジナル5.1chサラウンド.(ウルドゥー語,パンジャービー語,英語)  
  • その他:複製不能.
  • 発売元:サンリス

2015 Ravi Films, LLC

カートに入れる

インフォメーション

「ロリウッド」と呼ばれるパキスタン映画産業の中心都市、ラホール。数々の映画が作られると共に、伝統楽器を使った映画音楽も数多く生み出された。しかし、70年代後半のイスラーム化の波、そして90年代に台頭し始めたタリバンによる歌舞音曲の破壊によって映画界は衰退。音楽家たちは転職を余儀なくされる。
そんな中、音楽家達が伝統音楽の継承・再生のために立ち上がる。きっかけはイギリスで成功したラホール出身の実業家イッザト・マジードが私財を投じ音楽スタジオを作り、往年の音楽職人たちを集め楽団“サッチャル・ジャズ・アンサンブル"(編成によって名義は変化する)を結成したこと。彼らはシタールやタブラなどの古典楽器を用いた、世界で類を見ないジャズのスタンダードナンバーを生み出し、伝統音楽の底力を見せつけ、名曲「テイク・ファイヴ」をカバーしたプロモーションビデオを動画サイトに投稿し、世界中で100万以上のアクセスを記録。さらにその映像をイギリスBBCが取り上げたことをきっかけに、伝説のジャズミュージシャン、ウィントン・マルサリスが、世界最高峰のビッグバンドと共演させるべく、彼らをNYへと招待することに。
NYで彼らは、音楽と真剣に向き合える自由、芸術が息づく街、音楽を愛する聴衆たちと出会うことで、音楽家である誇りを取り戻していく。パキスタンで文化が縮小し続けるなか、居場所を失った音楽職人たちと彼らの音楽"ラホール・ジャズ"の本当の旅がはじまる。

キャスト / スタッフ

  • 【CAST】
  • サッチャル・ジャズ・アンサンブル
  • ジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラ
  • ウィントン・マルサリス
  • 【STAFF】
  • 監督/脚本:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
  • プロデューサー:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。