とうもろこしの島

2014年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀作品賞受賞、他世界の映画祭で数多くの受賞に輝いたジョージア映画。
大自然と人間の営み、戦争を描く寓話的傑作。

2017.05.03 DVD on SALE

No Image
  • NoImage

DVD

PCBE.55599 / ¥3,800(本体)+税

  • POS:4988013264199
  • 収録時間:100分
  • カラー:カラー
  • 面数:片面・一層
  • リージョンコード:2.日本・ヨーロッパ・南アフリカ
  • 映像圧縮方式:MPEG-2
  • 字幕:日本語字幕  
  • 音声:1.オリジナル5.1chサラウンド.(特記事項参照)  
  • その他:複製不能.レンタル禁止
  • 発売元:ハーク

カートに入れる

インフォメーション

川の両岸で敵同士が銃を向けあうなか、老人と少女は、中州に種を蒔いて苗を育てる。森と大河の流れ、ときおり聞こえる銃声―大自然と人間の営み、戦争を描く珠玉の作品。

<あらすじ>
ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中州をつくる。両岸で敵同士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、今年も、アブハズ人の老人は孫娘をともなって、昔からの風習のとおり、中州に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種を蒔いて、苗を育てる。しかし戦闘が激しくなり、ある日、彼らはとうもろこし畑で傷を負った若いジョージア兵を発見する…。
深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人、祖父との生活を余儀なくされた孫娘の成長――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

【アブハジア紛争】
コーカサスの南にある国ジョージア(グルジア)で、1991年のソ連邦解体をはさんで激化した紛争。

キャスト / スタッフ

  • 【CAST】
  • 老人:イリアス・サルマン
  • 少女:マリアム・ブトゥリシュヴィリ
  • ジョージア兵:イラクリ・サムシア
  • 【STAFF】
  • 監督:ギオルギ・オヴァシュヴィリ
  • 脚本:ヌグザル・シャタイゼ、ギオルギ・オヴァシュヴィリ、ルロフ・ジャン・ミンボー
  • 撮影監督:エレメル・ラガリ
  • 美術:アリアンサイチャン・ダワーチュ
  • 編集:キム・スンミン
  • 音楽:ヨセブ・バルダナシュヴィリ
  • プロデューサー:ニノ・デヴダリアニ、エイケ・ゴレチ/イリアス・サルマン、
  • マリアム・ブトゥリシュヴィリ、イラクリ・サムシア、タマル・レヴェント

※初回限定、初回生産などの表記がある場合は、無くなり次第終了または通常盤に切り替わります。また、仕様は予告なく変更する場合がございます。